次世代自動車について

次世代自動車とは一体何ですか?と質問されるものの、次世代自動車はコレ!という明確な定義はありません。例えば、経済産業省が発表して次世代自動車戦略と、環境省の環境キャンペーンでは、次世代自動車の定義付けが違います。

 

代表的なものは・ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車・電気自動車・燃料電池車の4タイプになります。これらはどれも、従来の自動車のように、エンジンを搭載し、ガソリンだけで動くのではなく、電気や水素といった非化石燃料を動力源として、モーターで走るのが特徴です。

 

次世代自動車の走りは、間違いなく、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」でしょう。ハイブリッドとは、英語で異なるもの掛けあわせたもの」という意味です。ハイブリッド車は電気の力を使ってガソリンの使用料を抑えるという発想から生まれています。純粋に電気だけで走る車は、電気自動車です。

 

外部から充電をした電気を使って、バッテリーに蓄え、モーターを稼働させて走行します。自宅に停めている間に、コンセントにコードを繋ぐだけで、動力源を充電することができるのです。

 

またエンジンを搭載せず、全くガソリンを使用しないために、二酸化炭素を一切排出しないことから、ゼロミッションビークルとも言われています。環境の観点から見れば、エコカーは素晴らしい代物です。

 

さらに次世代自動車の特徴を挙げていきたいと思います。自動車メーカーと一部の部品メーカー以外でまず開発・生産できないエンジンではなく、簡単に開発生産ができるモーターなどを駆動機関としています。

 

このような事から、先進国、新興国を問わずに、様々なジャンルのプレイヤーが自動車産業に新規参入してくることが予測されます。