車を売却する際に必要な書類

車の売却に必要となる書類には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

書類関係はしっかりと確認しておかなくては、トラブルにつながることも考えられます。

 

ここでは、車を売却する際に必要な書類について、見ていきたいと思います。

 

車を売却する際に必要な書類とは

車を売却する際には、どのような書類が必要になるのか、確認していきましょう。

 

車検証(自動車検査証)

車検証は常に車内に置く決まりですが、万が一紛失した場合にはすぐに再発行することが大切です。

 

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)

この期限が切れていると売却することが出来なくなります。また、これ自体がない場合にも、売却は出来ません。紛失の際には再発行が必要となります。

 

自動車税納税証明書

車検を受ける際に必要となる書類で、売却時に買取店に手渡す必要があります。紛失の場合は再発行の必要性があります。

 

実印

売却時に証明書などに捺印することになるのは、実印とされています。必ず市町村への登録を済ませておいてください。

 

印鑑証明書

実印が市区町村に登録されていることを証明するために必要となります。この場合、3ヶ月以内に発行されたものでなくてはなりません。

 

その他、場合によって必要となる書類は以下のようなものがあります。

 

○譲渡証明書(個人売買の場合)
○所有権解除書類(車検証の所有者がディーラーなどの場合)
○委任状(名義変更を業者やディーラーが行う場合)
○リサイクル券
○住民票

 

など、このような書類が必要となります。

 

もし書類に不備があった場合には、スムーズに取引を行う事ができなくなってしまいますので、しっかりと必要な書類を揃え、事前に準備しておきましょう。

 

特に、区役所などに行かなくてはならないような書類の場合、仕事中には出向くことが難しくなりますので、そのような点についてもしっかりと考えておく必要があります。

 

また、紛失している書類などがあれば、すぐに再発行の手続きをとるようにしてください。